秋冬ファッションのポイント

バブル期の大学生の服装を思い浮かべると、ファッションが時代を映しているというのは本当だなと思います。

秋冬ファッションのポイント

時代を映していたバブル期の学生ファッション

ファッションは、時代の世相をよく表しているといいます。確かにそうかもしれません。私が印象に残っているのは、バブル期のファッションです。多くの若い女性は、原色使いのボディコンスーツを着ていました。女子大生も例外ではありません。私は田舎生活なので、女子大生自体をあまり見かけませんでした。しかし上京した時に、テレビやファッション誌で見るような鮮やかなスーツ姿の女子大生を沢山見て驚きました。バブル期は景気が良く、押せ押せの空気が世の中全体に漂っていました。そのせいか、女性のファッションもどこか強気な感じです。

髪はワンレンかまたは前髪を立ち上げたロングヘアで、口紅は真っ赤にした女性が多かったです。イヤリングも、牛の鼻輪のような大きなものを付け、全体に自己主張が強い雰囲気でした。男子大学生にも学生社長になったり、外車を乗り、ブランドスーツを着ている人もいました。某海外ブランドのセカンドバッグを持った学生を、当時何度か見かけました。学生が海外の高級ブランド品を身に着けるのが、当たり前のようでした。今、大学生を見ると当時よりもずっと地に足が付いており、あれほど強気で浮かれたファッションには見えません。やはりファッションは、時代を映しているものなのかもしれません。


Copyright(c) 2019 秋冬ファッションのポイント All Rights Reserved.